断捨離と節約の狭間で

断捨離に目覚めた主婦のブログ。

アウトレットバーゲンをスルーしたわけ

 毎年アウトレットの夏と冬のバーゲンに足を運んでいました。
 時間が取れなくて滞在時間2時間になる時も、行っていました(←滞在時間より往復の移動時間のほうが長い)。

 自分の服は、UNIQLOかジーユかアウトレットモールという偏りっぷりでした。

 そして今年もやってきました夏はバーゲン。
 運悪くゆっくり行ける日がない。
 用事済ませた後に夕方から行く?となったわけですが、よく考えたら欲しいものがない!

 あぁそうだ。
 「安い!」「お得!」「なんか可愛い!」
 で物を買わなくなったら、わざわざ人混みのバーゲンに行く必要はないと感じました。

 少数精鋭。本当に大好きで必要なものだけに囲まれて暮らしたい。
 少しずつ物欲が落ち着いてきました。

コーヒーの瓶を1分でリメイク

1分は言い過ぎかな?
でも3分以内です。
f:id:dansharitowatasito:20170817105554j:plain

ポットの脇に出しっぱなしにしているイスンタントコーヒー。
f:id:dansharitowatasito:20170817105738j:plainのこのままじゃあねぇ……と思いつつも、ぴったりくる容器が見つけられずにいました。

木目調の折り紙(100均)を使って、
ちょこっとリメイク。

f:id:dansharitowatasito:20170817110009j:plain

元のラベルの金縁を活かす為に、ラベルの上からボンドで貼りました♪
セリアのマスキングテープも貼ってラベリング。

うん、しばらくはこれで行ってみよう♪

夏バーゲン「まぁいいか」と傍観してみる

 昨日映画を観に行ったショッピングモール、夏物セールの真っ只中でした。

 しかし子連れの時は、基本買い物はしないと決めています。
「はやくー。まだー?」
「おもちゃのとこ行きたいーっ」
「これ買ってー」
「もう疲れたー」
 親の買い物に付き合う気は毛頭ない子供達。

 食料品以外の買い物は娯楽なので、楽しめないと嫌なんです。
 一緒に行くとイライラするのが目に見えている子供とは行かない方が良い。

 まぁでもセールを横目に通り過ぎるのは、それはそれでストレスです。
(夏休み中はオンラインでしか買い物が楽しめません。。)

 でも今年は「買い物したい!」欲求がちょっとマシかも。
 きっとそれは、断捨離によって服を把握できたから。

 クローゼットの危険水域に達している子供服、夏服はもう買わないト決めたので、
 子供服売り場には惹かれません。
 子供の靴も今は買わなくても大丈夫。
 サンダル、ビーサン、ぞうり、ジャストサイズのスニーカー、ワンサイズ大きいスニーカー、綺麗めお出かけ靴、全部あります。買うとしたらブーツくらいかな?

 なんとなく自分の服が欲しいけど、(薄手のカーディガンのカラバリを増やしたい。白Tが欲しい)あったらいいな程度です。
 半月後の9月には秋気分だし、8月は我慢して秋の気分で買い足した方が良いかな、とも思う。

 うんうん、断捨離様々。
 物欲が少し落ち着いてきた気がします。

映画「フェリシーと夢のトウシューズ」観てきました

f:id:dansharitowatasito:20170815203647j:plain
観てきました〜。

小さな映画館、前から3番目の席で観やすい席でした♪
1番前だと画面を見上げて首痛いけど、3番目だと全然平気♪ すこし下がるだけで視界が凄く違いました。
次からも3番目を狙って取りに行きます♪

さてさて。
肝心の映画の中身ですが……良かった!

(ネタバレにならない程度に感想を…)

映像がすっごく綺麗でした。
登場人物は外国アニメらしくデフォルメされていますが、肌の質感が素晴らしい!
パリの街並みの描写も見とれてしまうくらい素敵でした。

映画館で観る価値のある作品です。

孤児院を抜け出したフェリシーがパリの街に着いた場面が好きです。
匂いや風が伝わるような映像と、音楽と表情で見ている私までわくわくしました。

ストーリーは王道のシンデレラストーリーだけど、少し恋愛(幼い子が見ても大丈夫)も絡んでいて
楽しい。
フェリシーが以外と普通の子だったのも賛否両論ありそうだけど、私は好感が持てました。
「私にはバレエしかないの!」って程でもなく(笑)、
「この子天才だわ!」って描写もなく(笑)、
一途でも善人でもない(笑)。

運と指導者に恵まれた素質のある女の子のサクセスストーリーという感じでした。

欲を言えばもっとバレエシーンが観たかった。
躍動感溢れて優雅でした。

原題は「バレリーナ」らしいですね。
邦題ってなんで長くするんだろう?
夢のトウシューズ……別に「夢の」って感じじゃなかったけど、
このタイトルから黒木瞳の過去に想いを馳せろということでしょうか?
指導者達の過去話が気になる作品でもあります。
ああ、色々ありそう(わくわく)。

取捨選択で自分らしさを加速せよ

シンプルライフや断捨離とは「気づき」である。
そんな言葉をどこかのブログで見かけました(←激しく曖昧)。

うん、分かる。

断捨離素人ですが、激しく納得しました。


先駆者のブログを読んでいると、取捨選択が凄いんですよね。

炊飯器はいらない。
アイロンはいらない。
家はいらない。
旦那はいらない。
シャンプーはいらない。
髪の毛はいらない。

などなど、捨てっぷりが半端ない。
捨てているものに目が向きがちですが、その裏では捨てた物と引き換えに何かを手にしているのです。

手にしたものは、形ある物ではないかもしれません。
自由とか、時間とか。
でもきっと思い切った取捨選択によって理想の暮らしに近づいていくのだと思います。

我が家には、
「そんなものがあるの?」って物が幾つかあります。

ハンモック
トランポリン
スーパーボールすくいセット
プラズマカー

たぶんこれらは捨てません。

場所取るけど、
無くても困らないけど、
あると楽しいから。
暮らしが豊かになる気がするから。
お家レジャーが好きです。

こういう馬鹿馬鹿しいものはこれからも増えていくかもしれない。

取捨選択して自分らしさが残ったら素敵だなと思う今日この頃です。

↑購入から6年。
今でも現役のプラズマカー。
小回り利くのでリビングで乗り回しています。

子供のマニキュアこれで良いんじゃない?

先日子供にせがまれてマニキュアを買いました。
肌の弱い娘に除光液を使うのが怖くて躊躇っていたんですが、良いものを見つけました。

ひと塗りでこのまんま綺麗に発色!
しかもすぐ乾く!

剥がせるマニキュア=剥がれちゃうマニキュアなので大人のお出かけには不向きですが、子供にはぴったり♪

お風呂に入るとかなり取れます。
人差し指はよく取れます。


マッドな方が好みですが、ラメタイプの方が剥がれにくいです。

子供用に派手色を買ったのですが、思いのほか良かった。
自分用にナチュラルめなのが欲しくなりました。

映画館の席はどこがおすすめ?

お盆は子供と映画館に行く予定です。
『フェリシーと夢のトウシューズ』ヘアゴム付の前売り券もゲットして準備万端です♪
f:id:dansharitowatasito:20170811173509j:plain

事前に席を予約して行こうと思うのですが、どの席が良いか悩む悩む…。

映画はケチケチ我が家にとっては高いレジャー。
一年に一度くらいしか行けないので、後悔のないようにしたいのです(←必死か)。

f:id:dansharitowatasito:20170811173925j:plain
こういう映画館の時は迷わずI列の真ん中を狙います。
前が通路の席が前の人の頭が気にならなくて最高です♪
真ん中は人気なので予約開始時刻に予約に走ります。
真ん中が無理なら端にズレて、やっぱりI列を狙います。

今時の映画館は傾斜が強いですが、
それでも身長150センチの私は前に男性が来るとかなりの確率でスクリーンを遮られるんです。。

すぐ前に人が座らない席、これが私の席選びの第一条件でした。


でも今回はこんな映画館。
f:id:dansharitowatasito:20170811175038j:plain

真ん中に通路のない映画館はどうすれば良いの?

実は去年、こんな小さなシアターでアニメ映画を見ました。
私が取った席は、一番前のA席の真ん中。
『前に人が座らない席』です。

感想は、
スクリーン近っ!
スクリーン高っ!
視界に入り切らない程の迫力っ!

予告中は「目が疲れる〜っ、失敗した〜」と思っていましたが、本編が始まるとすぐになれました。
目の疲れは否めませんが、何より周りに人がいないのが快適でした。
3分の1くらい席が埋まっていたんですが、他の人は皆真ん中より後に座っていて、特に一番後ろが大人気でした。

なんでみんな後ろに座るの?と思ったんですが、
一緒に行った子供の友達は、
「わたしいつも一番後ろで見てる」
「わたしも〜」
‥‥‥。
映画館は後ろの席が人気とは、この年まで知りませんでした。

調べてみると、
スクリーンは後ろから三列目くらいの目線に合わせて作られていることが多いらしく、
ここが見上げず見下げずのベストポジションとのこと。
なるほど〜。

そして一番後ろの席は、
後ろから座席を蹴られないので良い。
後ろの人の迷惑を気にしなくていいので、見にくければ座布団でかさ増しできる。

これいい!
大人が座布団を使うのは憚られますが、一番後ろなら全然OKな気がする!

一番後ろいってみようか♪ と思ったら子供に却下されました。
娘「前がいい。でも一番前は近すぎて嫌」
私「じゃあ何番目?」
娘「3番目くらいかな?」
……色々調べて悩んだのに、揺るぎない娘の一言で決定。
忘れてたよ。娘の決断力を。

前に人が来ないことを祈りつつ、三列目を取りに行きます!